2008年9月9日火曜日

MRI検査で、こんな落ちはいらないんですよ!

今日は特別、ブログ記事2つめです。

それというのも本日(と言っても9/8ですが)、人生で初めてのMRI検査に行ったのですが、ネタがでてしまったからなのです。



今日は、朝の10時から東川口のMRIの検査でした。

早めに出かけて、9:30ぐらいには到着。

受付をすませて、しばらく待っていると看護師さんが来て……


「内科の方で、簡単な問診がありますから」


と言われ、内科の診察室に入りました。

担当は、50前ぐらいの男の先生でした。


「とりあえず、血圧を測りましょう」

 

問診をはじめる前に、まずは腕に血圧計を巻かれます。

当然、機械式なのでスイッチオンで測りはじめるわけですが、ここから落ちが始まります。

 

なぜか、最高、最低血圧……どちらも表示されません!(笑)

 

先生ったら、まるで何事もなかったように、もう一度計測スタートボタンをポチッとな。

 

……でも、また表示されないのですが?(笑)

 

怪訝な顔の先生。

接続ケーブルなどを調べて、「おかしいなぁ」と言いながらまたスタートボタンをポチッとな。

 

だけどね、ダメなものはダメなんですよ、先生(笑)

 

そうしたら、先生。

言うにことかいて……

 

「血圧、高いですか?」

 

って、私は計測不能なぐらい高い(180以上)ってのかい!!(笑)


まあ、成人病の可能性は否定しませんがね。

ともかく、オートではだめということで、マニュアルで計ることに。

先生が、シュコシュコと手で膨らませて測ってくれたのですが、

 

「はい。異常ないですね」


と言った先生。


言う前に首を少しかしげていませんでしたか!? いましたよね!?(笑)


本当に量れたんですか? いくつか聞きたいんですけど聞いてもいいですか?

そんな不安に駆られている私をよそに、平静を装う先生はさすが歴戦の勇者。


「では、外の席で待っていてください。係のものが案内しますので」

「え?……あ、はい」

 

と素直に応えて、待合室の席に戻った私でしたが、もの凄い不安に襲われました。

この病院でいいのか? 本当にいいのか?


診察室から追い出されたけど、私はまだ問診を受けていないぞ(笑)

 

中に入ってしたことって、血圧測るの失敗したぐらいだぞ(笑)。

それでいいのか、埼○川口クリニック……。


まあ、どうせMRIを撮るだけだからよいかと悟り、しばらくぼーっとしていました。

しばらくすると、看護士さんが近くにやってきます。

おお。やっと検査に入れそう。

そう思っていました。

しかし、看護士さん。

ここでもの凄いSurpriseをPresentしてくれました。


「実はですね、今朝からMRIが故障したらしくて」


ちょっ、ちょ、おまwwwww今朝からなのにwww今頃になってwwwww


「で、いつ直るのかわからないので、草加の方のグループ病院に行ってもらえませんか?」

 

今から、草加に行けだと!?(笑)


ってか、草加にあるなら、最初から川口より草加にいけば良かった気がするんですが!?

草加の方が近くないですか!?

と文句を言っても仕方なく、そこから草加に向かいましたよ。

いやはや、車で行って良かったですよ。


でもね。

MRI検査に隣町まで行って、こんな落ちはいらないんですよ!!(泣)


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ