2019年12月7日土曜日

ボルネードのヒーターをAlexaでコントロールした!

前回の記事で書いた、ボルネードの温風サーキュレーター。



こちらの商品、まちがいなくいい暖房機で妻も気にいっています。
ただし不満が0かと言われればそういうわけではありません。
一番の不満はリモコンがないことでしょう。

暖房器具が苦手なうちの母親に試しに貸したのですが、床に置いてしまうと腰が悪いために操作しにくいという問題がありました。
そこでオン・オフと、温度調整をAlexa経由でリモートコントロールさせようと考えました。

使用した商品はこちら。


2019年12月1日日曜日

ボルネードのヒーター「VH200-JP」を試した!

先日、ボルネードさんから送られてきたサーキュレターのモニターをさせていただきました。
このサーキュレーター、書いてあるとおりすばらしい商品だったのですが、つい先日にまたボルネードさんからご連絡がありました。


「前にメールで書いた、ヒーターが発売するんですけど使ってみませんか?」


まじか!!
これから冬本番。キャンプで使いたかったタイミングで来ましたよ、これ!

というわけで、ありがたやぁ~、ありがたやぁ~と拝みながらお引き受けしましたよ。
なにしろ、もともと興味をも持っていた商品ですから断るはずもありません。




これが、VH200-JPという製品という送っていただいたヒーターです。

え? 見た目はサーキュレーターだって?

いや、まあ、実際にサーキュレーター要素はあるのでまちがいではありません。
ただし、ただ風を送るのではなく温風を生みだして送り出してくれるサーキュレーターなのです。

え? 要するにファンヒーターだろうって?

いや、まあ、そうなんですけどね。ただ、こいつはひと味違います。
ファンが付いたヒーターって、熱の伝わり方に大きなムラがありませんか?
例えば4畳半程度の広さならば、たぶん強いファンがなくても小さなセラミックヒーターで問題なく温かくなるでしょう。
しかし、6畳ぐらいの広さになると、温風がなかなかまわらなくて部屋全体にまわりません。

特にオフィスとかで経験ありませんか?
全体が温まる前に部屋の一部だけ暖まってしまって、のぼせる席と寒い席ができてしまう現象。
自宅だとよくあるのは、頭付近ばかり暖まってしまい、足下が寒い現象。
これらは空気の流れがうまくできていないから発生するわけです。

そこで、風を動かすプロ、サーキュレーターのボルネードさんがその流れを作ってやろうじゃないかと言うわけですよ(笑)。

もちろん、ぶっちゃけセラミックヒーターとサーキュレーターの組合せでもいいんです。
ただ、場所をとりますよね。

それに私のようにテントの中で使おうとすると、荷物は極力減らしたいわけです。両方持っていくのってすごく大変なんですよ。
その点、この商品だと1つで済んで、しかも椅子の上に載るぐらい小さい場所ですむわけです。

詳細はこのあと書きますが、先に結論を書いておけば、お薦め商品です!

2019年11月16日土曜日

#アラジンストーブ #ポータブルガスストーブ の連続運用時間を延ばした!

冬キャンプには欠かせないストーブ。
本当は薪ストーブが欲しいところですが、子供の寝相が悪いために怖いし、とにかく場所を取ります。
せめて石油ストーブと思っていましたが、車の積載量的に辛い状態。
なんとかならないものかとたどりついたのが、センゴクアラジン!

センゴク・アラジン ガスストーブ レッド SAGBF01-R
Aladdin (アラジン) (2018-10-15)
売り上げランキング: 4,196

クラシカルで小さくかわいいフォルム。
それでいてCB缶1本で1部屋ぐらいなら暖かくしてくれるパワー。
サイズ的に他の石油ストーブよりも少し高さが低い程度ですが、その差が我が家の車だと大きく違ってきます。またコンビニさえ在れば手に入るCB缶で運用できるのは手軽です。

我が家はこれに惚れて愛用しているのですが、そのコンパクトさと手軽さのトレードオフとしての欠点が連続運転時間の短さでした。
真冬だとやはり最大パワーにして運用したいのですが、そうすると2時間も保ちません。
これだと交換がかなり面倒です。
特に睡眠時はベンチレーターで空気を通していますから、すぐに冷えてしまいます。

そこでちょっと運用時間を延ばす手立てを考えてみました。
用意する素材はこちら。

2019年10月3日木曜日

ボルネードのサーキュレーターをポチッた!

扇風機とは違う「サーキュレーター」ですが、前にもこのブログでいくつか書きました。

サーキュレーターをポチった!


ただ異音が鳴り始めたり、スイッチが壊れてしまい、騙し騙し使っていました。
そんな中、「キャンプにサーキュレーターをもっていきたい」という要望が高まり、新たなサーキュレーターを手にいれることになったのです。
キャンプの時は、テント内に滞った熱を外に押しだしたり、涼しい風を取り入れるのに使います。
冬にもストーブの熱をテント内で循環させるために使用することになります。

さて。キャンプにもっていくサーキュレーターの条件としてはこちら。

・小型、持ち運びやすい。
・強い風力。
・省電力。

この条件に添う者を探した結果、見つけたのがこちらのボルネードの製品でした。



この商品は、DCモーターを採用しています。
何が違うかというと、簡単に言えば風力を細かくアナログチックに調整できること。
それにより省電力運用もできやすいし、動作音を調整しやすいという利点もあります。
静かなキャンプ場で音の問題はけっこう大きいので、これは非常に助かるのです。

あと、他の似たような商品に比べてコンパクトなのです。ポイントは18mm弱という小さめの奥行き。これによりしまうときにほぼ四角形に収まります。
このタイプのサーキュレーターって、わりと奥行きがあり、しまうのに面倒だったりするのです。

Astage(アステージ)  バンパーコンテナ #25 W約29.5×D約44.3×H約25.9cm
アステージ
売り上げランキング: 37,581

ちなみに我が家はキャンプに行くときに上記のコンテナに荷物を詰めているのですが、このサーキュレーターはきれいに収まり助かります(上の方に少しスペースが空く感じです)。
もちろん、風力もバッチリ。この大きさながらパワフルに風を動かしてくれるので非常に活躍してくれました。

……で、そのことをTwitterでつぶやいたらボルネードの日本総代理店さんから連絡があり、「別の商品も使ってみませんか」と案内されたのです。
ちょうど自宅用にもと思っていたので、これはありがたいお誘い!!

というわけで、そのお誘いを受けてモニターさせていただきました。
それが、下記の商品でした。


2019年9月7日土曜日

ソロ×ソロいっしょに、キャンピングデイズ!~第四泊・第九話の資料



●小説本文
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887350205


●スノーピーク製焚火台S
このタイプの元祖はスノーピークでしょう。
それのSサイズがこちら。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 S [1~2人用] ST-031R
スノーピーク(snow peak) (2013-10-25)
売り上げランキング: 5,890

上記の商品は本体のみなのでオプションは必要に応じて買いそろえる必要があります。




●メッシュタイプの焚き火台
価格、大きさ、形といろいろとあります。



楽天市場:おすすめ