2016年5月23日月曜日

foldio 2をポチッた!

久々の更新です。
ここしばらく、小説方面で忙しくて、いろいろあったのですが更新できていませんでした。


さて。
それがなんか知らないのですが、JustShopに売っていたので、ポイント消費も兼ねてポチッてみました。

foldio 2とは、クラウドファンディングで出ていた時に話題になっていた、簡単に組み立てられる小物撮影用のスタジオですね。

一般売りを開始していたんですね。





真っ白な化粧箱に入っています。



開けてみると、またまた真っ白。
けっこう高級感がありますね。



中身は、背景シートが黒、白、緑。
それに電源ケーブル入れの袋。
電源アダプタは、海外用の変換アダプタ付き。

しかし、やはり背景シートをどのようにしまうか、持ち運ぶかの提案はありませんでした。
この手のミニスタジオで一番困るのは、背景シートの扱いなのですが……。

2016年4月18日月曜日

#カクヨム で読み始める前にアクセス数を気にしてみよう!

Web小説をアップした時、読者にとってこっちは「素人」なわけです。
すると、最初はあまり期待値を持ってみてもらえません。
期待値が高ければ、「この人の作品はこれから面白くなるはず」と読み続けてもらえますが、それがない限りは最初の方のPV変化は、これからを占う重要な指針となります。

通常、最初の数話は試しで読まれます。
1話目→2話目の落下率が高い場合は……

・1話目がこけている。
・引っ張ってきた読者層が違う。

……ということが考えられます。

そして、次の段階として3話~4話あたりから次の断層ができます。
試しよみをしばらくしてみたけど、やっぱり合わなかった層が離れていくわけです。

さらに今度は長期になっていくと、ふるいにかけられるようにどんどん落ちていきます。

実は、そういう意味では「1話を長くした方が有利」です。
1話が短いと、「次に行く」という動作のところで一区切りされやすくなり、次を読んでもらえなくなることがあります。

では、10万文字を10話提供するのと、100話提供するのではどちらがいいかという話ですが、それは一概に言えないところです。
Webでは宣伝の問題もあります。
更新頻度が多いほど、目につきやすくなるのも事実です。

ただし、スタートダッシュがうまく言っていれば、ランキングやレビュー等で人目に触れやすくなり、そのあたりをカバーできます。
その場合は、少ない話数で提供した方が高い平均PVを得られるでしょう。


さて。
前置きが長くなりましたが、ちょっと拙作のPVを見てみたいと思います。





なるべく正しいデータにするため、変則的だった閑話休題と、第1話Reは抜きました(よく見るとグラフが1段ずれているけど、まあ推移ということで)。

1話平均211PVです。

20話ぐらいまで、だいたい平均を10%上回っています(緑部分)。
25話(三章終了)を過ぎると、平均を下回ります(赤部分)。
ちなみに、25話までだと261PVありました。
41話(四章終了)を過ぎると、今度は真っ赤です。

典型的な落ち方ですが、実は私の予想より落ち方はなだらかでした。
シリアス系の話が入ってきたところで落ちてきているのか、中ダレが起きているのか、微妙なところですが、スタートを考えるとこんなものだったかもしれません。
幸いだったのは、フォロワー離れを起こしていなさそうということでしょう。

改善できるとしたら、イベントを起こすのを三章にするべきだった感じでしょうか。
個人的にはベストタイミングだと思っていたんですけど。
また、地の文を少しずつ盛っていることに気がつかれてしまったのかもしれません(笑)。

ちなみに、平均は211ですが、最低率が50%であり、現在のブックマークが98ということからも、実際の読者は211の50%ぐらい、つまり100名程度だと思われます。
だいたい、今までの経験からも、PVの半分ぐらいが実読者数だと思われますし、こんなもんでしょう。

この程度で、読者選考に残るということを考えると、選考する読者がどれだけ少なかったのかわかります。
もちろん、もっと読まれている作品もあるので、つまりは「偏っている」ということなのかもしれません。


ガンブレ3をポチった!(&「15,500PV突破! 読者選考突破!」の話)

ガンブレ3をポチりました!


【PS4】ガンダムブレイカー3
バンダイナムコエンターテインメント (2016-03-03)
売り上げランキング: 215


これで今、作っているMSがこちらです。




このMSの名前は、【ヴァルク】と設定しました。
実は、下記の小説にでてくる主人公のロボット(レムロイド)をイメージしたMSとなります。


レムロイド~異世界でロボットデザイナーとして名を馳せる~



もちろん、同じには作れないので、あくまでイメージです。
MSだとこんな感じかな……というように見てもらえば嬉しいです。

ちなみに、なんとレムロイドは、「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」のSF部門で一次選考にあたる読者選考を突破しました!

絶対に無理だと思ったんですけどね……どういう選考基準なのか今ひとつ謎です。
現在、15,500PVを突破し、64話+おまけ9話を公開中です。

この話は、異世界でロボットをデザインする話と言うことで、ガンブレの世界観と共通する部分もあります。

最初はかなり軽い読み心地で、ギャグ的なノリが主体です。
そのため、かなりとっつきやすい内容となっています。

しかし、中盤から少しずつ、文体を変えて厚みをだして、後半はけっこうシリアスな展開も待っています(ギャグコメディのノリも忘れませんが)。

興味がある方は、ぜひご覧いただければと思います。
できたら、カクヨミアカウントを作って、フォロー&評価をいただけると非常に幸せです!


しかし、ガンブレ3のストーリーモード、相変わらずなかなか楽しいなぁ。
今回、ビルダーズオプションが非常にいいんだけど、アビリティ等の説明がなくて困る。
ヘルプはもっと手軽に表示できるようになって欲しいなぁ。
あとネコ耳とか尻尾とか欲しいんですが(笑)。

2016年4月11日月曜日

テーマソングができてしまいました!(「はい、ヘルプデスクです! ……変な質問しないでください!」)




作品を読んでくださったボカロPのフラグP様が、なんとなんとなんと……拙作「はい、ヘルプデスクです! ……変な質問しないでください!」のテーマソングを作ってくださいました!

しかも、サビの部分とか、非常に耳に残って思わず口ずさんじゃうような歌です。
ぜひお聞きになってみてください。!


http://ncode.syosetu.com/n4938dc/


ちなみに、これはまったく関係ない曲ですが、個人的にいい雰囲気で気に入ったのでぺたりと。


レムロイドで京都弁キャラをだす時に、この曲を聴いてからだとなんか雰囲気がでました。
まあ、こんなしとやかな感じではないのですけどね(笑)。

WSD-F10をポチッた!




発売日に即購入していたのですが、今さらながらレポートです。

なんというか、スマートウォッチは今までもいくつか買ってはいたのですが、なんとなく「これじゃない」感がありました。
でも、カシオのこの製品を見た時に、よくわからないんですが「これだ!」と思ってしまったんですね。
私の要件的には、GPS内蔵というのを果たしていないのですが、つい勢いでポチッてしまったわけです。
アウトドア向けなら、なおさらGPSは内蔵してほしいところでした。
また、ソニーのみたいに単品で音楽を聴く機能などあると良かったんですけどね。

さて。
まず第一印象ですが、「でかい!」。
これに限ります。
シャツのボタンが留められません。
フォーマルでは、見た目ではなく物理的につけることができないスマートウォッチです。
重量もかなりずっしりときます。
女性向けではありませんね。

2016年4月8日金曜日

#カクヨム で発生していた現象について見てみた!

カクヨムの第一回コンテストの読者選考期間が終了しました。
応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

さて。
ちょっと気になったことを書いてみます。

私の拙作……

レムロイド~異世界でロボットデザイナーとして名を馳せる~


……ですが、この記事を書きはじめた時点で、こんなデータになっています。


★数/レビュー数/フォロワー数/レビュー平均値/レビュー率

70/27/89/2.67/30

こんな数字なんですが、ちょっと他のデータを見てみます。
中間順位が近い同じロボット物をいくつかピックアップしてみましょう。
下記は中間順位順に並んでいます。


99/41/72/2.42/57

80/30/66/2.67/45

70/27/89/2.67/30

66/35/86/1.89/41


これを見ると、私の作品のレビュー率の低さが分かります。
レビュー平均値は高めですが、30%ぐらいの人にしかレビューをもらっていないのです。
笑ってしまうぐらい低いです。


で、これだけ見ると「レビューするほど面白くなかったんじゃねーwww」という結論になりそうなのですが、変な話でフォロー数はこの中だとトップになります。


さて。何が起きているのでしょうか。
ここで、フォロワーの傾向を見ると面白いことが分かります。


楽天市場:おすすめ