2008年8月11日月曜日

MT4.1で使用するデータベースは?

MT初心者な私は、とりあえずβのMT4.2系は避けて、MT4.13(すぐに4.14にアップ)を導入することにしました。

最初に悩んだのは、まず使用するデータベース。
基本的に、SQLiteかMySQLを利用することになるわけなのですが、どちらを使うべきなのかわかりません。
実は、さくらインターネットの説明ページだと、「SQLite」を利用するように書いてあります。
しかし、MTの説明ページだと、「MySQL」を利用するように書いてあるのです。



SAKURA Internet : サポート/お問合せ : オンラインマニュアル

Movable Type インストールガイド さくらインターネット編 | Movable Type 4 ドキュメント

これは迷います。
そこで、ググってみるとそれぞれやはり長所と短所があることがわかりました。
以下は、MTに限った部分の長所と短所です。

●SQLite
・データベースサーバーが別に必要ないため、データベースサーバーの負荷に影響しない。
・データベースが1つのファイルになるのでバックアップしやすい。
・場合によっては、MySQLよりも高速。

・ファイルサイズが大きくなりやすく、ディスクサイズを圧迫する。
・ファイルサイズが大きくなったときの速度は不安(?)。
・構造上、連続したアクセスをすると反応が悪くなる。

●MySQL
・データはデータベースサーバー上にあるため、Webサーバーのディスクスペースを圧迫しない(さくらインターネットの場合は、データベースサーバー上のサイズを特に規定していない)。
・連続したアクセスでも、SQLiteよりもまたされない。

・データベースサーバーとWebサーバーとの通信が頻繁になると、環境によってはエラーが出る(再構築の失敗)。
・データのみバックアップは、SQLiteよりも面倒。

私はどちらもやってみましたが、再構築などはSQLiteの方が早く終わりました。
ただ、設定画面の遷移を行っていると、かなりまたされることがあります。
なんとなくですが、MySQLサーバーの調子がよい場合は、MySQLにおいた方が良さそうです。

私は、容量の問題から結局、MySQLを使用することにしました。
どちらを選ぶかか、その人の環境にも左右されるようです。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ