2008年8月12日火曜日

無停電電源購入

最近、雷による停電が多く、自宅のサーバーがよく落ちていました。
本当なら、所詮は個人サーバーなのでそれほど問題ないのですが、私は自宅サーバーにWeb Bookmark(お気に入り)をおいているので、自宅サーバーが落ちると少し困ったことになります。
また、NASとホームサーバーPCが常時動いているのですが、これがブチブチ落ちてしまうと、いつ壊れるか気が気ではありません。

そこで、安くなった家庭用無停電電源を購入してみることにしました。



メーカーは、APCで確定。


候補に挙がったのは、500VAと725VAタイプ。
給電も、常時商用給電方式で十分でしょう。
500VAだと1万円を切っています。場所も取りませんし、サージもついているのでかなり手軽な感じです。

しかし、問題は容量。
この容量計算、実はよくわかりません。
でも、とりあえず何となくでやってみることにしました(笑)。

まず、NASとPCを1台、最低限まかなわなければなりません。
NASが200W電源、PCが350~400Wの電源だったはずなので、あわせて600W。
もちろん、これはあくまで最大ですが、余裕を見て最大で行います。なんでも、本来なら2倍の容量を余裕として見るらしいですが、そんな余分な容量は、私の財布にありません!(笑)
ここから、力率を0.7として計算して、420VAでしょうか。
PCの消費電力は実際、もっと低いでしょうからとりあえず500VAでも十分?

BE500JP、BE725JPランタイム表

あれ?……500VAだと3分しかもたないということですか?
725VAで6分? というか、最大出力的には足りてない?
うーむ。ノートパソコンでサーバーをやるべきかもしれませんね……。
とはいえ、NASもありますし、今更なので結局、買ったのは当初の予定を大幅にずれて、なんと1200VAです。
赤いLCDがにくい奴。
これならかなり余裕もありますので、ルーターもつなげられそうです。(ランタイムチャート

ところで、やはり今回も500/725VAの一番安いのはAmazonでした。
しかし、1200VAクラスになると一般性が下がるのか、わずかに楽天で探した方が方が安い感じですね。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ