2005年1月29日土曜日

いじめはよくないね(概夢戯言から転載)

私もまだまだ未熟です。
多くの過ちを犯して、反省して、謝罪して、考えて、行動して、また失敗して。
例えば、車をぶつけた時、非常に落ち込みました。
なんであれほど気をつけているのにやってしまうのだろうと。(実際には距離感覚がやられていたみたいですが……指先と指先を合わせられなかったんですよ、あの時。後で気がついたんですが……)
仕事もそうです。リライト業務でも手順をきちんと整えてやろうとしているのにどうしてもうまくいかない。
自分を省みて、他人を教師(時に反面教師)として、成長しようと思っているのですが、やはりどこまでもガキですね。




先日、栞御前と口げんかしたのですが、どうも穏やかには注意できません。
怒りなど滅多に見せない、のほほーんとしたキャラクターにあこがれるのですが、そういうキャラクターではなくすごく一般的なつまらない人です。
まあ、本気で滅多に怒ることもなく、怒ったとしても後を引かないようにはしています。
特に「嫌いな人」というのはなるべく作らないようにもしています。(「苦手な人」はたくさんいますが)

幼い頃、いじめられっ子時代がありました。あの時は本気でいじめっ子が憎かったものですが、今ではそのおかげで少林寺拳法とか習って体を鍛えるきっかけになったと感謝しようとも思っています。
マイナス要因のいじめっ子も、自分の中でポジティブにすることでプラスになるのではないかと。
でも、その瞬間はどうやってもプラスに変えられません。
瞬間的にプラスに変えられるぐらい精神的にできていればいいのですがね……。
それはさすがに未だに無理です。
軽くあしらうとかもできるとかっこいいんですが……。

でもね、それができたとしても、いじめはやっぱりよくないと思うんですよ。
あれはどちらかといえば子供の思考です。
相手を思いやらず、簡単にキレて、自分のうさをはらして、相手をけ落とすことで優位性を感じたりする……稚拙な感情です。
「やる奴はなんてガキなんだ」と思っていましたが、下の記事を読んだらよけいにそう思いました。

海自いじめ:2等海曹を懲戒免職
海上自衛隊横須賀基地の護衛艦「たちかぜ」で起きたエアガンなどを使った後輩いじめ事件で、横須賀地方総監部は28日、暴行と恐喝罪で懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた2等海曹、佐藤治被告(34)を懲戒免職にした。また、同艦内のCIC(戦闘指揮中枢)で佐藤被告がエアガンや、より小型のガス銃を使い後輩隊員6人と“サバイバルゲーム”をしていたことも明らかにした。
調べでは、佐藤被告は同基地に接岸中の艦内のCICでエアガン、ガス銃を使い、6人の後輩隊員と銃を撃ち合う“サバイバルゲーム”を昨年夏ごろから続けていた。CICはレーダー、コンピューター機器があり、立ち入り制限地区だが、佐藤被告の職場だった。
同総監部は、自分でガス銃を持ち込み、3隊員に暴行、暴力行為をした海士長(23)を停職5日間にした。http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050129k0000m040124000c.html

 

うはwwwもうガキというか馬鹿ですね、馬鹿。
34歳ですよ、上が……おいおい、いい歳して何してるんだよ、君は。
でも、なんか、こいつらに比べたら、私なんてまだ大人なんだなと思いましたよ……さすがに。(笑)


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ