2015年8月12日水曜日

pqi Air Bankをポチった!

・長期旅行に行った時、写真や動画を保存しておきたい。

・車載PCにHDDドライブを接続したい。


これらの希望を叶えるため、ポータブルHDDが欲しくなっていました。
容量的には、1TBぐらいあればいいでしょう。
車載するなら、耐衝撃に強いポータブルHDDを探すかな……などと思っていました。

調べてみると、だいたい7千円台。
バッファローあたりのを買うかな……と思っていたら、NTT-Xで面白い安売り品を見つけました。





これです。
NTT-Xだと、7,980円で手に入ります。




この値段は、普通の1TBポータブルHDDと変わらない値段です。
しかし、この商品には、付加機能がついています。

・ワイヤレスNAS機能

・WLAN AP機能

・バッテリー内蔵

これはお買い得です。
というわけで、恒例の……






……となりました。

ただし、問題や不満がないわけではありません。
それをまた書いていきたいと思います。


●ワイヤレスでPCから書き込む手段が公式に用意されていない
これがなかなか致命的。
ブラウザでファイル一覧を見ることはできるのですが、ワイヤレスで書き込む手段が用意されていません。
ファイルを書き込むときは、USB3.0で接続して書き込んでくださいというわけです。
しかし、USBで接続するとAP機能は無効化されてしまいます。
これは結構、面倒な話です。
ただ、フォルダ構造を見ると、いかにもLinuxなのでFTP接続を試みたところ、どうやらポートが空いているようで、ログインアカウントとパスワードを求められました。
しかし、もちろん公開されていません。
これは困った。
困った時はググるに限る……というわけで、調べている方がおりました。

アカウント:root
パスワード:pqiab

これでFTP接続でき、ファイル転送も成功しました。
sambaでも動いているともっとよかったんですけどね……。


●APとしてのIPアドレスを変更できない
APとしてのIPが、192.168.100.1固定です。
DHCPとして配布されるのは、192.168.100.101ぐらいからのようです。
これも固定で変更できません。
ただし、WAN側のIPアドレスは固定か自動で設定できるようになっています。


●電池の消耗率がわからない
電池残量など見た目で知ることができません。
20%を切って、初めて電池マークが赤く変わります。


●指紋が付きやすい外装
見た目はきれいで高級感もあるのですが、指紋が付きやすく手の跡が目立つ外装です。
モバイル用品としては、あまりこの手の外装は好ましくないかなと思いました。


●同期できるpqi Air PenのSDカードが32GBまでしか対応できない
これは、この商品の欠点ではないのですが、pqi Air PenのSDカードのバックアップをボタン一つで簡単にとれる機能があるものの、Air Penの仕様が古く、SDXC等に対応していないため、最近のデジカメなどの写真バックアップには向いていません。


●説明書に難あり
標準で着いているのは英語版です。
まあ、これに関してはホームページに日本語版があります。
しかし、その内容はあまり濃くありません。
ファームウェアのアップデート方法とかも、あまりに簡単に書いてあり、詳しくない人は戸惑うこと間違いありません。



まあ、いろいろ書きましたが、価格を考えれば合格点です。
あとは、私の場合はSDカードの中身をどうやってこれに移すのか考えないといけません。
基本、モバイルはWinタブでmicroSDスロットしかついていません。
デジカメとワイヤレスで接続する方法もありますが、そうすると一時的に少ない内蔵ドライブにデータを置くことになります。
ここはやはり、両端がmicroUSB端子のケーブルを手に入れるか、USBカードリーダーを手に入れるのが良さそうですね。
車載パソコンのことも考えると、カードリーダーをつける気がします。

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ