2010年7月4日日曜日

初Android端末「IS01」を買いました

すっかりTwitterで書いているせいで、ブログの更新をしなくなってしまったのは、私だけではないはず(笑)。

もうブログなんて、こんなのでもいいのかと思ってしまいます(笑)。

 

芳賀 概夢(@Guym_Haga) – Twilog

 

まあ、せっかくなのでこれのログも拾って貼ってみようかなと。

でも、去年の11月末からTwitterを始めていたんですね……。思ったよりも長くやっているんだなぁ。

私はまだ限界の3200Tweetを超えていないので、上記のページで全ログが取得できました。

しかし、今さら過去ログを掲載するのも意味がないし面倒なので、7月分から開始しようかと思います。

 

それはともかく。

実は書かなければいけないことはいろいろあります。

小説の感想や、それまでに買ったいろいろなものの話。

ただ、やはり時事に似合ったことを優先で書いていきたいので、まずはタイトルの話からです。



ダウンロード

というわけで、IS01というauのスマートファン(ブック?)を買いました。

ISデビュー割という最大2年の基本料金割引を利用して、Wi-Fi接続だけに絞れば新規契約しても月々8円ですむというAndroid端末です。

Snapdragon1GHzを積んで3万円台、さらに割引で安くなるとあって、いろいろと話題を呼んだ機種です。

 

発表当初、私としては少し残念に思っていました。

同時に発表されたIS02の方こそ、ハード的には魅力的だったのです。

しかし、そちらに搭載されていたのは、私の中で見切りを付けてしまったWindowsCEだったのです。

IS02にAndroidが載ってくれれば、何も悩まなかったのですが、持ち運びサイズ的に少し大きいIS01はちょっと躊躇するものがありました。

特に秋にも新製品が出ると聞いていたこともあり、かなり考えました。

しかし、メモリーが少ないものの、値段の割に高機能です。

そして割引やポイントが使えるので、かなり安く購入できます。

実際、私はauポイントがたまりまくっていたので、結局一銭も出しませんでした(名古屋などの中部では本体価格0円で手に入ったそうでうらやましいかぎりです)。

というわけで、Android勉強用のおもちゃとして買ってみたわけですが……使ってみると、最初の予想よりもかなり好感触なのです。

 

好感触だったのは、特にバッテリーの持続性でした。どうせ2時間程度しか通信できないのだろうと思っていたのですが、これが意外に保ちます。

ネットをちょこちょこと見るぐらいで普通に使用していても1日は生きていけます。

また、液晶のきれいさや、片手打ちで打った時のキーボードの感触(両手持ちの親指で打つには、親指の腹を使わなければならないのでちょっと慣れがいります)、そしてトラックボールの操作性のよさ。

特にトラックボールの操作性は、縦画面でヒンジの部分を持った時、親指でトラックボールを操作することで、片手でスクロールが簡単にできます。このスタイルがなかなかよい。

 

これは意外に楽しめます。

 

というわけで、初めてのAndroid体験を今後とも少し書いていこうかと思っています。

ちなみに、やはりAndroidである「ioPad-M8」というものも購入しました。

こちらについては、7/3のTweetをご参照ください。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ