2015年2月4日水曜日

α5100を嫁にポチった!

前回:α5100を嫁がポチるか?(一眼デジカメ初心者への薦め方)


なんだかんだと、嫁に興味を持たせてα5100を購入しに行くことにしました。
ネットで購入するより、やはり現物を見て購入したかった事と、もう一つは下記のようなヨドバ○の特典を利用したかったということもありました。

・αシリーズ本体購入時にレンズを購入すると、5,000円引きにしてくれる。

・ヨド○シカードで購入すると、プレミアム会員のため、1年間のワイド保証が付与される。

・ポイントを割引として換算すると、かなり低価格になる。

・専用ボディケースが2,000円引きになる。


上記の特典をあまり気にしない人は、楽天などで買うと安く購入できます。





ところで、嫁は見ている間に、「専用ボディケースがオシャレ」と言い始めました。
まあ、ちょうど上記の特典にあるように2,000円引きされるというお得なキャンペーンもあったので、買ってあげることにしました。
気になっているのは、ブラウンのようです。




ソニーボディケース(ブラック) LCS-EBD [LCSEBD]
ソニーボディケース(ブラック) LCS-EBD [LCSEBD]
価格:3,434円(税込、送料別)

ソニーボディケース LCS-EBD TC ブラウン
ソニーボディケース LCS-EBD TC ブラウン
価格:3,434円(税込、送料別)

ソニーボディケース(ホワイト) LCS-EBD [LCSEBD]
ソニーボディケース(ホワイト) LCS-EBD [LCSEBD]
価格:3,434円(税込、送料別)


これを付けた時のイメージを確認できるWebページが用意されています。

http://www.sony.jp/ichigan/extension/change-acc_a5100/


さて。
どれを買うかですが、まず考えるのは、ボディのみがよいか、レンズキットで購入するかになります。
本当は、ボディだけ買うのは損です。しかし、この時の私はそれがあまりよくわかっていませんでした。
だから、「レンズはあるからボディだけでいいかな」と考えていました。

一方で、嫁は「ボディもブラウンがいい」と言い始めました。
確かにいい色なのですが、このカラーはレンズキットしか存在しません。
しかも、運悪く在庫がありませんでした。
まあ、在庫がなくても取り寄せればいいわけで、大した問題ではありませんが、同時に現地でいろいろと見ていたところ、我々はあることに気が付ついたのです。


嫁:「3色の組み合わせは、どうもしっくりこないね」


3色というのは、ボディ、ボディケース、そしてレンズです。
そう。カラーの組み合わせには、レンズも考えなくてはなりません。

レンズには、ブラックとシルバーがありますが、上で紹介したボディケースとのデザインを見られるサイトでは、ブラックにはブラックのレンズ、ホワイトとブラウンにはシルバーのレンズと、違和感のない組み合わせでしか表示されていないのです。また、ソニーの公式ページでも、当然似合う組み合わせしか写真が掲載されていません。

しかし、実際には、レンズカラーを選択できない場合も出てくるので、ブラックボディにシルバーレンズや、ブラウンボディにブラックのレンズを使うシーンが出てきます。
まだ、この2色の組み合わせならば、あまり問題はないのです。
これに、ボディケースを組み合わせると、途端にちぐはぐな感じになります。

例えば、嫁の希望だった「ブラウンボディ+ブラウンケース」まではよくとも、これにブラックレンズを付けると、今一つ落ち着きのない組み合わせになります。これは同じブラウンの名称でも、ボディとケースではまったく別の色のためです。
また、「ブラックボディ+ブラウンケース」まではかっこいいのですが、これにシルバーレンズを付けると、妙にしっくりこなくなります。

これを回避するには、「ブラック(ホワイト)ボディ+ブラック(ホワイト)ケース」という同色の組み合わせにするのが一番でした。
これならば、レンズがどちらの色でも問題を感じません。

これが1台目ならば、まだ自由に選んでもよかったのかもしれません。「これから買うレンズは、すべてブラック(シルバー)にする!」と心に決めて、似合わないのは買わない主義というのもありかもしれないからです。

しかし、我が家のように、2台のαでレンズをやりくりしようと考えているときは、先に買ったボディのカラーと合わせたカラーにしておくのが無難なのかもしれません。
また、ボディケースもそのことを念頭に置いて考えるべきでしょう。

というわけで、うちは話し合った結果、「ブラックボディ+ブラックケース」となりました。
無難ですが、最も間違いのない組み合わせかもしれません。
また、ブラックを選んだことで、ボディのみの購入というのができるようになりました。


さて。
これで買い物完了……というわけにはいきません。
同時購入特典で、レンズを買うと5,000円も引いてくれるサービスを使わないのは損です。
私は自分のα6000を買った時、このサービスでSEL24F18Zを買えばよかったと、後で悔やみまくりました。
何しろ5,.000円も引いてもらって、さらにポイントまで考えると、中古レンズを買うより安くなる場合もあるぐらいです。
本体を買うときは、レンズを買うチャンスです。




……なのですが、さんざん悩んだあげく、レンズを追加で買うことはありませんでした。
本当はパンケーキを買おうかと思っていたんです。
標準ズームレンズを嫁に渡してしまうので、その代わりの普段使い用として。




しかし、よくよく考えてみるとSEL24F18Zを常用している状態で、これを付けて歩くかと考えた時に使用機会があまりないな……という結論に達したのです。

また、この頃はまだまだ勉強不足で、どんなレンズが欲しいかよくわかっていませんでした。
まさかこのあと、便利レンズや50mm中望遠があんなに欲しくなるとは思っていなかったのです。
そのために後で、「ああ、あの時に買っておけばよかった」と強く後悔するのですが……それはまた別のお話。
みなさんは購入時、欲しいレンズをよく考えて買ってください。

とりあえず、その日はα5100ボディとボディケース、レンズプロテクター、液晶保護シートだけ購入し任務完了です。
ついに思惑通り、我が嫁もカメラ女子デビュー。
α5100の出費は痛かったのですが、これで私のレンズ購入もはかどるというもの。
よーし、予算をレンズにつぎ込ん――



嫁:「SDカードがないから買ってね」

嫁:「ねぇ。かわいいストラップが欲しい」

嫁:「かわいいカメラバックを買って」









俺のレンズ費用が……





(※まあ、実際はこんな風に質悪くおねだりされたわけではなく、私からいろいろと買いそろえたのですが、なんだか結局、凄い勢いで金がなくなっていったのでした)

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ