2015年2月4日水曜日

b-grip UNO(ビーグリップ・ウノ)をポチッた!

あまりにもポチッた物が多すぎて、書き切れていないこのブログ。
そのため、過去にポチッた物を書くことが多いのですが、今回は割合タイムリー。
なぜなら、第一次販売が終了し、次の入荷が未定なので、なくなる前に紹介したかったからです。


b-grip UNO(ビーグリップ・ウノ)国内正規品
b-grip
売り上げランキング: 1,279


私は肩こりがひどいので、カメラをネックストラップで持つのが嫌です。
また、首からかけていると、子供をいざ抱っこする時に邪魔で、横や後ろに回さなくてはならなくなります。
加えて、歩いているときに胸元でブランブンとぶつかるのも嫌です。
というわけで、ハンドストラップを付けてウェストバックに入れて持ち歩いてたりするのですが、でかいレンズなどを付けることを考えると、出し入れが面倒になります。

そんな時に、この商品は素敵です。
裸で持ち歩くので、現地までの移動は鞄にしまっておき、撮影する現地で腰につけるという使い方もよさそうです。

ロックは二重になっており、簡単に外れたりは致しません。
また、パーツ強度もかなり余裕があり、推奨荷重5kg以下となっていますが、テストだけなら50kgをクリアしている強度です。
私のα6000など、重くなっても1kgに届かないと思うので、かなり強度には余裕があります。
取り付けもクイックシュー風になっており、取り外しと取り付けは非常にスムーズ。
また、シューはアルカスイス規格互換なので、対応雲台の三脚などがあれば、そのまま利用できるのも利点でしょう。



実際つけてみると、重いレンズの時はずっしりと腰にかかりますが、取り付けるベルトの幅がある程度あればブラブラとすることはなく、かなり安定したキャリア性能があります。脚が痛くなることもなさそうです(ベルトが細かったり緩いとブラブラします)。
また、リンク先の写真を見てもらうとわかる通り、カバンのベルトなどにも取り付けられるので、ベルトを使わないカメラ女子にも受け入れられやすいのではないでしょうか。

ちなみに、α6000の場合は、シューの上の部分が、モニターフレームの底部に接触します。
モニターの角度を変更する時に、支障があるほどではないのですが、多少は擦れてしまいます。
まあ、私は気にするレベルではないと思っているのですが、気になる人はシューと本体の間にスペーサーを入れるとよいかもしれません。本当に1mm程度で充分です。Amazonレビューだとそうしている人もいるようでした。


接触と言ってもこのぐらいです。

少し開けるとこんな感じです。


あまりに気に入ったので、嫁用に1つ追加ポチ。
ちなみに、在庫に関してb-grip日本総代理店パラゴンジャパンに問い合わせのメールを出したのですが、大変丁寧な対応をしてくれました。
この対応ならば、安心して購入できそうです。


なお、これはミラーレスカメラ等の小型一眼用ですが、一般的な一眼レフ用もあります。
それが、EVOという商品です。




こちらには、専用のハンドストラップがセットになったお徳用のセットも限定で発売しています。





単品の価格がかなり値下がりしているのでお得感はわずかですが、欲しい方にはちょうど良いセットではないでしょうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ