2014年12月7日日曜日

cheero Power Plus 3をポチッた!

私はダンボーデザインのモバイルバッテリーを持って歩いています。




容量的にも十分で、2.1Aポートもあり、いろいろなものに充電できるため、かなり便利に使わせていただいていました。
さらに袋がまたよろしく、私はこの袋にバッテリーではなく、撮影用のダンボーくんをいれて歩いています。



REVOLTECH DANBOARD mini cheero ver. リボルテック ダンボー
海洋堂
売り上げランキング: 954


ちなみに、最初はAmazon ver.を持って歩いていたのですが、今はバッテリーと同じcheero ver.を持って歩いています。
そしてAmazon ver.は、相方の手に渡っております。
Amazon ver.の方が肌の色が暗く渋いのですが、室内で物と一緒に写す事が多いため、明るめのcheero ver.の方が写真写りはいいかもしれません(笑)。


……と話がそれましたが、特に不満もなく使っていたモバイルバッテリーですが、12/6に今までより、軽く、小さく、容量が多いという、いいことずくめのモバイルバッテリーが同メーカーから発売されました。




これです。
DANBOARD ver.からどのように変わったかというと……



容量:10,400mAh(3,7V) → 13,4000mAh(3.6V)

重量:258g → 245g

外寸:117mm×74mm×23mm → 92mm × 80mm × 23 mm 

電圧が0.1V下がったのと、横幅が6mm増えたという意外は、ことごとく性能アップとなっています。
特に容量が増えたのに重量が10g減って、高さが寸法が25mmも減っているというのは嬉しいかぎりです。
この25mmの差はでかいです!!……が、先ほど申し上げたとおり、特にDANBOARD ve.rに不満があるわけではありません。もちろん、より小さく、より多い方が嬉しいんですけど、買い換えるほどではないでしょう。




2014/12/07現在のDANBOARD ver.の価格は、3,750円。
それに対して限定台数10,000台以上で、2,780円という低価格で発売するというのです。
それなりのまとまった台数があるとは言え、前回のPower Plus 2の時は一瞬で売り切れて転売屋が幅を利かせていた製品です。
今回も一瞬でなくなってしまうかもしれません。




ええ。
なんか弱いんですよ、私は。

限定の文字に(笑)

でも、この価格ならばいざというときのために買っておいて損はないと思います。
必要なと気になって、慌てて下手な中国物に手をだすよりは、100倍ましです。

私は無事に手に入れることができましたが、予想通り2014/12/07 22:25現在、商品は売り切れていて、転売屋が2倍近い金額で売っています。
まあ、10,000台以上の生産と言うことですから、しばらく待てばまたリリース記念価格でAmazonに顔を出すのではないかと思われます(ちなみに、通常価格は3,500円です。それでもDANBOARD ver.よりも安いですね)。
モバイルギアを多用する人は、予備に買っておくとよいかもしれません。

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ