2014年12月11日木曜日

α6000用シャッター・ワイヤレス・リモコンをポチッた!

中学の頃、写真部に入っていました。
いや、まあ、なんにも写真のこと知らなかったんですけど、なんとなく入っていました。
そこで、なんとなく天文写真に興味を持ちました。

高校で天文部に入りました。
そこで天文写真を撮影する機会がありました。

α6000を買って再びやってみたくなったのが、その時の思い出にある星空の撮影です。
当時は、OM10とか、α7000とか使用し、それにレリーズを付けてバルブ撮影していました。

しかし、α6000ならば、スマホでコントロールできる!
つまり、スマホからワイヤレスでスマートにバルブ撮影できるはず!……そう信じておりました。





いやはや、びっくりですよ。
なんで対応していないのでしょうか。不思議です。
まあ、とりあえず仕方ないので、α6000のアクセサリーを調べてみました。
すると、まず出てきたのが、これです。


SONY リモートコマンダー RM-VPR1
ソニー (2013-05-31)
売り上げランキング: 9,525




2014/12/10現在でも、5,000円を超えていますよ……。
いやいや。こんなに機能いらないんですよ。
しかも、こんな値段なのに、ケーブルレスじゃないのです。
ちなみにケーブルレスモデルだと、下記のような商品があります。




確かにα6000の受光部は正面にあるので、IRレシーバーがあれば360°受光できるようになって便利かもしれません。
しかし、いらない人もいるわけで、そう考えるとやはり高すぎます。
それに、この商品は発売が延びて、2015年2月発売になり、今はまだ手に入りません。
他にも、こんなのがありました。


ソニー リモートコマンダー RMT-DSLR2
ソニー (2012-10-26)
売り上げランキング: 28,916


赤外線式の多機能タイプです。
一見、値段も3,000円台で動画の撮影にも使えてよさそうですが、多機能だからボタンがやたらに多い。
しかし、多くのボタンは再生時にのみ使用できるもののようです。
メーカーの商品説明にはこのような注意書きがあります。

※ シャッター、セルフタイマー、スタート/ストップボタン以外は再生時のみお使いいただけます

ズームボタンがあるのに、その機能については保証されていないようです。
動くカメラと動かないカメラとかあるようにも見えますし、なんとももったいない感じです。

とにかく純正は希望に合いません。
それならばと、サードパティー製品を探してみました。

……すると、いいのがありましたよ!








おお、安い!!
いいじゃないですか、これ。
2つめのなんて、1,000円を切って買えるとはすばらしい!!
サイズも1つめより小さめです。

あ、でも、ということは、ワイヤレスのサードパーティー製もあるのかも……。




ありました。
しかも、面白い。
電波式で受信部がついています。
ただ、この説明だけですと、バルブ撮影ができるのかわかりません。
まあ、できるはずだと思いますが、全体としてかさばるのはちょっとスマートさに欠けます。
なにしろ、やりたいことはバルブ撮影のオン・オフだけなのです。
もっと手軽なのはないのでしょうか……。




あ、ありましたよ!!


なにこれ、安い。
機能もシンプルで、シャッターボタンと、セルフタイマー2秒ボタンのみ。
いいんです! それでいいんですよ!!
レビューを読むと、受光距離が短い等ありましたが、集合写真とか自撮りの時はスマホのリモコンで構図確認しながらやるので問題なしです。
今回の目的はバルブ撮影がメイン。
もちろん、暗めでの三脚撮りでも手軽に使えればよし。





現物は、もちろん高級感とかありませんが、特に問題なく動作しました。
ストラップ穴が紛失防止に便利です。
もちろん、α6000の赤外線受光部が正面ので少なくとも後方からは操作できませんが、私の場合は問題なしです。

ちなみに、α6000で使用するには、リモコンをオンにしなくてはいけません。
「Menu」→「道具箱」(向かって一番右)→3ページ目→「リモコン」から設定できます。
α6000でバルブ撮影や簡単なレリーズをさがしている方には、おすすめできる商品です。
電池交換の代わりにもう一つ買ってもいいかなとか思っているぐらいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ