2009年7月31日金曜日

Ziiをググると、ガンダムになってしまう!!

フレの夜凪氏の中で最近ブームになっている、H.264の圧縮動画。

DivXを仲間内で主流でしたが、H.264の魅力にはまった夜凪氏は、動画変換しては「きれいで小さい」と感動の嵐のようです。

実際、確かにきれいで小さく、CPUパワーを食うということ以外は、すばらしい圧縮方式です。

私も、ビデオカメラでAVCHD(これも映像はH.264)を使っていますが、そのサイズの小ささときれいさには驚いています。

まあ、それならばさっさとH.264系に乗り換えてしまえばいいという話もありますが、それがなかなかできずにいました。

一番の原因は、上に書いたとおりCPUパワーを使うと言うこと。

つまり、再生できるマシンが少ないと言うことなのです。



 

私の場合、普段持って歩いているのは、Willcom03です。

これにCorePlayerを入れて、H.264のレベル4を再生してみましたがちょっときつい(レベル3ならいけるのかもしれませんが、まだテストしていません)。

PSPもレベル3ならいけるのですが、レベル4までいけるような端末はありませんでした。

また、テレビ接続するメディアプレーヤーでも、H.264に対応したものは少なかったのです。

結果、DivXを中心に使っていました。

 

しかし、最近はPSPでもPS3リモートプレイを使うことで、H.264レベル4のデータを見ることができるようになりました(たまに音がきれますが)。

それに、H.264に対応したテレビ接続できるメディアプレーヤーも出てきました。

 

【PC Watch】 DIGITAL COWBOY、H.264対応の2.5インチNAS/メディアプレーヤー ~インターネット経由のファイル操作やストリーム再生も可能

 

携帯端末でも、Snapdragonのような高速タイプのWindows Mobile機ならいけるかもしれません。

また、近い将来にTegraが来れば、余裕で1080pを余裕で再生できるでしょう。

携帯端末でも、いちいち変換しないで、HD画質のH.264を手軽に再生できる日が来るわけです。

これはそろそろ乗り換えの時期なのかもしれません。

ただ、上にも書いたとおり、今はまだ03じゃ動作が重いし、PSPは大きすぎて持ち運びたくないので、しばらく待ちだろうな……と思っていました。

 

そんな中、クリエイティブの子会社「ZiiLABS」が「Zii EGG」というマシンを発表しました。

こいつは、オリジナルチップ「ZMS-05」を積んで、なんとフルハイビジョン動画の再生をサポートするというのです。

 

クリエイティブが従来の音楽プレーヤーを超越した「Zii」を発表、最大64GBの記録容量やHD動画再生機能、Android対応も – GIGAZINE

 

上記の記事を見るとわかりますが、ほぼ全部入り。

しかも、Androidを積んだモデルも予定されています。

AcerがAndroid搭載ネットブックをだすという噂や、ソニーがウォークマン等にAndroidを採用する、またAndroid+Snapdragonの高性能端末をソニエリが出すなど、これから波が来そうなOSの筆頭です。

個人的にも期待しており、ZiiのAndroidモデルが手頃な値段で買えるとなると、私の物欲が留まることを知らないぐらいふくれあがり爆発して、その爆風の晴れる前には、すでに私の手の中でZiiが動いていることでしょう!

というわけで、いまからわくわくしている状態です。

でも、同じタイミングでソニエリのマシンがauからでたりしたら、かなり迷うだろうなぁ(笑)。

 

え?

 

家を買って、それどころではないだろうって?

 

…………。

 

つまり、あれだ……。

 

それはそれ、これはこれだ!!( ゚Д゚)

 

あ、ちなみにタイトルのことですが、「Zii」の情報が他にないかなとググってみたら、「MSZ-008 ΖⅡ」ばかりでてきてしまったというだけの話です(笑)。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ