2016年2月14日日曜日

キャンピングトレーラーは390系が気になる!

まあ、すぐに買えるわけでもないのに、相変わらずトレーラーを調べている私です。

記事を書くといろいろと詳しい方から助言をもらえたりもするので、非常に助かります。
高い買い物ですから、いろいろと調べておくことはやはり重要ですね。


[新車] アドリア AVIVA 390PS
[新車] アドリア AVIVA 390PS
価格:2,354,400円(税込、送料別)


インディアナRVさんから、まだアンタレス390が発表されていませんかので、今はアドリアのを見ています。
たぶん、ダイネット等の配置はほぼ一緒なのでしょう。

現行としてあるのが、このAVIVA 390PSです。

常設ベッドがついているのは、いいのですがダイネットが2~3人分しかないのが気になるところです。
椅子を追加で置けば何とか四人はすわれそうですけど。

また、常設ベッドを畳化して、テーブルを置くというのも考えましたが、寝る時のマットとかはそうなると用意する必要が出てきますね。
海外のアンタレス390の写真を見ると、常設ベッドがかなり高くなっていて、下が大きな収納になっていますが、こちらは写真を見るとベッドが低そうに見えます。
もしかしたら、そこで収納スペースの差が出てくるかも知れません。
→動画を見たら同じかも知れません。
それなりの深さがあるなら、掘りごたつ化できると楽しそうですよね。

配置的には、就寝時に奥のベッドから外にでるのに、ダイネット側のベッドを越えなければならないという問題もあります。
これが些細な問題になるかどうかは、メンバー次第でしょうか。

ちなみに、別のサイトでスタビライザーが標準だと教えてもらいましたが、少なくとも現行モデルはオプション装備のようです。

それから扉が右ドアになります。


[新車:お取扱い中] アドリア ALTEA 390DS
[新車:お取扱い中] アドリア ALTEA 390DS
価格:2,080,000円(税込、送料別)

そんな中、390DSというモデルがあることを知りました。



こちらは2ダイネット構造です。
就寝時に片方のベッドを越えないと外にでられないという点は同じですが、テーブルに余裕があるのはいい感じです。
しかも、扉は日本に適した左扉です。
……まあ、道路でドアを開けるシーンなどほとんどなく、我が家の駐車場に止めることを考えると、扉の方向はどちらかというと右がいいのですが。
あと、ダイネットがあるためか、窓も一つ多くなっていますね。


ただ、まだこの390シリーズは一度も見たことがありません。
390PSは展示があるみたいなので、一度見に行ってみたいところです。
ただ、このタイプは外部からアクセスできる収納スペースがないのが残念です。
それからオプションについてももう少し勉強が必要です。
どんな物が必要なのかまだよくわかりませんので。
もう少しいろいろと見てみたいと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ