2015年3月2日月曜日

玉の越:「越谷いちご観光農園」で苺狩りして来た!

α6000(soratam 72 + SEL24F18Z)にて撮影








【送料無料】アドプラスZENJIX soratama 72 [soratama72]
【送料無料】アドプラスZENJIX soratama 72 [soratama72]
価格:5,994円(税込、送料込)


いきなり、宙玉の「玉の中の越谷」から始めましたが、本題はお出かけの話。


今年になり、越谷が「越谷いちご観光農園」というのを始めました。


http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kanko/zenpanannai/ichigo_town_open.html



子供二人は、苺大好きということもあり、これは一度、行っておくべき!
そう思い、足を運んでみました。



ちなみに、1/4オープンで、3/27が最終日です。
ただ、苺の収穫により、早めのクローズもあり得るとのこと。
また、営業日でも、苺がなくなり次第終了です。

ということで、朝10時オープンに間に合うよう、9:45ぐらいに着で行ってみたんですが、いやはやびっくりです。
駐車場の前には車が並んでおり、案内されたのは「1時間待てば入れますが、たぶんすでにほとんど苺の種類がなくなってしまい、食べられても1~2種類です」という死刑宣告(笑)。
ただ、越谷にはいくつか苺農家が有り、他でも苺狩りはできるのでそちらで楽しんでいただけるよう案内もしているとのこと。

子供達は苺が食べられればそれでいいのですが、私的にはイベントとしてこの催し物を見てみたいという欲求もありました。
相談した結果、まあ1時間待っても食べられれば良いかと言うことで、中に入ることに。
というわけで、行きたい人は9時から駐車場が空いていると言うことなので、その時間には着いているように行くのがよいでしょう。




ただ、中に入ってみると、なんかそこまで多くない様子です。
実際、1時間待つと言われましたが、なぜか10分ほどで苺狩りを開始することができることに。




なんか面白い案内板もありましたが、とりあえず持ち時間が1時間しかないので、さっそく苺狩り開始です。
ちなみに、大人は2,400円。子供は3才以上だと1,200円取られます。
つまり我が家は、7,200円/1時間。
正直、めちゃくちゃ高いです。
特に私なんてほとんど食べられないから、写真撮影代みたいな感覚ですね(実際、食べたのは7つぐらいw)。




中は、いくつかのビニールハウスが並ぶ構造です。
左に見える灰色の囲いは、仮設トイレ。
右側に珈琲の看板が出ていますが、ビニールハウスの1つに喫茶が出店しています。




最初にその喫茶がある「G」のビニールハウスに行けと案内されます。
さっそく入ってみると……。




苺畑!









この辺りは、SEL50F18で撮影しています。




いい感じにポケて撮れてくれますねぇ。
まあ、それはともかく。
写真を見てわかるとおり、ほとんど熟していない感じです。
熟している物を探すのが一苦労でした。
それでも、探せばそれなりに見付けられました。









種類も結構あります。







他にもあったようですが、1時間で子連れですと、回れても2~3カ所がいいところです。
まあ、子供達はガツガツとかなりの量を食べていたので、非常に満足そうでした。




ところで、先ほど書いた中にある喫茶店でポップコーンが売っていました。
苺味のポップコーンかと思ったら、ただのポップコーンでガッカリ。
でも、甘い物を食べた後だからか、この塩気がなんか妙においしく感じます。
苺を大量に食べたはずの子供たちも、黙々とポップコーンを食べていました。

しかし、子供二人とも今日はよく食べるなぁと思う一方で、糖質的にあまり苺を食べられない私は腹減り状態。
嫁もご飯が食べたいと言うことになり、帰りに昼ご飯ということで寿司屋に行きました。






驚いたことに、ここでも子供達は、もくもくとむしろいつもより量を食べ始める始末。
この日の出費は痛かった(笑)。








先ほどのいちご観光農園の近くにあるゴミ処理場なのですが、真ん中に煙突兼用の展望台が有り、登れるようです。


http://www.reuse.or.jp/children.html?eid=00019


無料なのですが、平日と第三日曜日しか登れないようです。
また、16時までしかはいれない。
もっと早く知っていれば、この辺りの夕方の景色が切れないので、撮影に登ったんですがねぇ。
この時期になると、16時ではきれいな夕焼けには早すぎますので……残念です。

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ