2016年3月2日水曜日

新作小説のお知らせと更新について

小説の創作活動に関する告知です。
興味ない人は閉じてください(笑)。


■新作

カクヨムで新作を2本あげました。
ってか、2本も書けるわけないのですけどね……。
基本、アラウズを優先する予定です。


AROUSE《アラウズ》 〜バトルフィールド・オン・コシガヤ 〜
埼玉県越谷市にある超巨大ショッピングモール【越谷レイクシティ】で行われた、新作ゲーム【AROUSE《アラウズ》Ⅲ】の発表会。
最新の技術を利用して作られたAR(拡張現実)の武器を使った体感型対戦ゲームから、HPステータス表示が突如消え失せた!
現実は拡張され、ARから生まれたクリーチャー【ARC《アーク》】と、ARの武器【ARO《アロー》】を頼りに戦い始めるプレーヤーたち。
巨大ショッピングモールは魔城と化し、閉鎖空間にされた越谷市は巨大なバトルフィールドとなった。
入出力強化された人間【イオタ】、欠陥人間【エラーズ】、いくつものキーワードを巻き込んで、神からの挑戦が始まる。

内容的にはバカっぽいですが、意外にシリアス展開です。
ここだけの話、これが【九鬼伝】の【白の黙示録】にあたる話なのですが、まあそれは話に出てきません。
文章が最初かなり重かったのですが、センテンスを少し短くしたり、1センテンス改行にしたり、空行はさみをしたりして、文章の見た目を空きました。
内容よりも見た目だけ空いたので、それでもやはり重いと感じる方はいるかもしれません。


レムロイド~異世界でロボットデザイナーとして名を馳せる~
人が乗れるロボットが大好きな少年が、ロボットバトルゲームをクリアしたら異世界に転移させられてしまった。
少年は、転移先で描いたロボットが、現実に現れる魔導書を手に入れる。
そして、そこに彼の思い描く最強のロボットをデザインしてしまう。
その彼が描いたロボットは、異世界の固定概念を打ち破るデザインと機能が詰まっていた。
魔導書の持主である女戦士から、大会用ロボットの作成を頼まれるのだが……。
なかなか思った通りのができなかったり、コピー品がでまわったり、テロが起きたりして大騒ぎ。
今、魔法が渦巻く異世界で、ロボットバトルの幕が切って落とされる!

プライベートチャットメンバーや織神さんに助言をいただき作った設定の話です。
一言で言ってしまうと、「ウィングマンのドリームノート+BREAK-AGE+異世界」です。
小説を捨てて、ヘルプデスク並の軽さで書いています。
本来はこの軽さで書くものではない気がするのですが、実験的な意味もかねて書いています。
するっと読めるとは思うのですが、内容がともなうか心配です(笑)。



■既存


異世界車中泊物語【アウトランナーPHEV
最近は、1,000PVを超える日もあったりして嬉しいかぎりです。
ただ、コンテスト用にアラウズをがんばってみるので、1ヶ月ぐらいお休みとなります。
七泊目は大波乱が待っている予定なので、お待ちいただけると幸いです。


「はい、ヘルプデスクです! ……変な質問しないでください!」
「ぴんぼっく」の失敗を生かして、超割り切って書いた実験的作品だったのですが、今ではもっともポイントが高い作品となってしまいました(笑)。
本日には、10,000PVも超えてしまいそうです。
こちらに関しては、電車の中とか、休みの間とかにチョコチョコと書いていきたいと思っています。
応援のほどをよろしくお願い致します。


Psychic Magus ~役不足な異世界で俺がやる役~
あと1話で章が終わりがいいのですが、3月に入ってしまいました。
とりあえず、なんとか1話書いたところで1ヶ月ほどお休みさせていただこうかと思っています。
ちなみにこの話は、私の中でもかなりスーパーライトウェイトノベルだったはずなのですが、上記の作品の中では一番ウェイトのある小説となってしまいました。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ