2010年4月2日金曜日

ポータブルメディアプレーヤー(PMP)のすすめ

タイトルが違いますが、「ホームサーバー本格入れ替え~その6 - Almost in Dreamlike」番外編になります。

録画したデータを自動的にH.264/AVCに変換して、それをPSPで見ようとしていた私ですが、いろいろ合って考え方が変わってきました。

前々からPSPは少しでかい、すっと胸ポケットにしまえるサイズが欲しいとも思っていましたし、そもそも変換しないでTSをそのまま見たいとも思っていました。

 

そこで調べてみると、最近のPMP市場には、そんな私の欲望をかなえてくれる商品がたくさんあります。

先日、あきばおーで見た4,999円のMP5プレーヤーは、手のひらの中に収まるサイズながらタッチパネル採用で、FLVまで対応などびっくりどっきりなマシンでした。

しかし、そんなのは序の口。

中国製の怪しい感じ漂うPMPたちは、日本製と違って「バランスなんて知らん!」という感じで、とにかくなんでもてんこ盛りの高機能。それなのに安い。

TSをはじめほとんどの動画を再生、フルHD対応、HDMI出力、USBホスト、FLASHアプリ再生、ebook対応などなど……なんなのこれ見たいな高機能が、手のひらサイズに収まります。

それなのに、日本での価格は1万円前半から半ば程度。

本当に驚きです。



 

ポータブルメディアプレーヤー【東映無線ラジオデパート店】

 

上記で手に入れることができますが、安く手に入れるため個人の通販で輸入して買う方法もあります。

ただ、いかんせんトラブルはつきもので、古い商品が送られてきたとかこないとか……。心配ならば数千円高くとも、上記から買う方がよいかもしれません。

 

ところで、良いことずくめに見えますが、もちろん欠点もあります。

まず上記か購入しても、初期不良交換で2週間の交換期間があるだけです。大した保証もありません。

輸入品のため、サポートが一切ない製品ばかりだということです(FH8800のような例外もありますが)。

また、説明書は中国語ですし、デフォルトの表示も中国語。だいたいは英語表示に対応していますので、メニューを感ですすめば英語にすることはできますし、多くのモデルで日本語ファイル名には対応しています。

また、とにかく「高性能」重視でバランスがよくなく、特に電池のもちに問題があるものが多いようです。自分で電池の交換もできませんし、海外メーカーに電池交換してもらうために送るぐらいなら買い直した方が早いでしょう。他にも電源周りはとくにいろいろと問題を持っている気がします。

 

正直、仕様もはっきりせず、レビューも少ない中、どれを選ぶのか情報収集が大変でした。

そこでPMPについてTwitterでつぶやいたところ、既に怪しいPMPユーザーだったFukurarokun氏から「T17FHD」というモデルを紹介されました。

本人も使っているそうですが、かなりよいとのことでした。

私は最初、「FH8800」に目をつけていたのですが、あきばおーで22,000円付近。これはちょっと高すぎましたが、FH8800の元になった「HD8800」というモデルが、12,480円でありました。ただし、メモリーが8GBに減っています。それでも価格差を考えると、HD8800の方がよいでしょう。

その他、レビュー等を読んだり、意見を聞いたりして絞り込んだのは、最終的に以下のモデルでした。

 

T17FHD

HD8800

VX575+

TL-C510HD

 

どれも1.2万円台ですが、T17FHDだけ1.5万円台と高くなっています。ただし、他のモデルは8GB内蔵に対して、このモデルだけは、16GB内蔵です。

ちなみに、T13FHDというタッチパネル採用で5インチになったモデルも出ているようですが、まだ東映に入荷予定はないそうです。希望的にはタッチパネルは魅力なんですけどね……。

ともかく、あとは現地で品物を確認しようと、東映に行って見比べてきました。

 

ショーケースの中から出して見せて欲しいとお願いしたのですが、出すことはできないと言われたのでショーケースの外からいろいろとガン見!w

サイズ的には、HD8800やT17FHDが良い感じです。

この2つは、4.3インチモデルで、残りは5インチモデル。

全体サイズはそれほど大きくは変わらないのですが、胸ポケットに収めたときに収まりがよさそうなのが4.3インチのような気がします。

画質的には、T17FHDとVX575+が気になりました。

T17FHDは、再生している動画のせいもあったのですが、それでも全体的に輝度が弱い感じです。しかし、映像はくっきりしていてきれいですし、残像感もありません。

VX575+は、輝度も十分ですし、きれいさも問題を感じません。また、VX575+は全体的にバランスがよいような気がします。USB変換アダプタ付属も付属していますし(実はこれがあとで大きな問題になる)。

また、TL-C510HDはなんというか、特に特徴を感じられませんでした。画質も特に悪くないのですが……なんというか、「これ!」って感じがありません。

HD8800も精細なのですが、どこかノングレア感が全面にあり、好みが分かれるところかもしれません。それに精細なのは、5インチモデルと比べているからというのもあるかもしれません(ここにあげたモデルは、すべて800×480の解像度)。

最終的に気になったのは、T17FHDとVX575+でした。

どちらを買うか迷ったのですが、薄さと小ささでT17FHDを選択。また、内蔵16GBあるとTSデータを入れるのもかなり助かります。

microSDスロット(TFスロットと書かれている)もあるのですが、内蔵メモリーではないと何かが動かないとか言う噂もありましたが、それ以上に16GBあればデータを入れ替えて使うのに、別にmicroSDも必要ないでしょう。

 

というわけで結局、薦められたT17FHDを購入しました。

ちょっと長くなったので、T17FHDのレビューは、次回に回します。

もちろん、問題はありましたよ~w


2 件のコメント :

  1. もう使用していないかもしれませんが、私の所有するT17FHDはHDMIで出力してくれない(画面真っ暗)ので、電源OFF→再起動するしかありません。
    やり方が間違っているかもしれませんが、セッティングからTV OUTを選択したのですが、もしかしてイヤフォンと共通の方かもしれないです
    。ここら辺は??です
    ファームV2には、セッティングにHDMIとかないので、他にどうしようもないのですが・・・
    ちなみに購入時のファームのバージョンは、いくつでしたか教えていただけませんか?

    返信削除
  2. こんにちは。
    実は今、これは貸し出し中で手元にありません。
    機会があったら確認しておきますね。

    返信削除

楽天市場:おすすめ