2010年10月28日木曜日

XFX HD-587X-ZNFAを購入

しばらくサボっていたので、少し過去にさかのぼって書いています。

日付は適当です。

 

さて。

ドスパラでXFX HD-587X-ZNFAというグラボが\22,980で売るとあったので、しばらくパワーアップする予定がなかったのに思わず購入してしまいました。

ちなみに、あまりに安いので電話で予約した時、「これは展示処分とかじゃないのですか?」と聞いたら「違います。新品です」と言われたのですが、代理人に購入してもらって受けとってみたら、見事に開封済みの展示品でした……。

代理人が購入した時に展示品と説明を受けたらしいのですが、代理人は新品か展示品かなんて知らないで受け取りに言っただけですからね……。

とりあえず、ドスパラのTwitterアカウントに対して呟いてみたのだけど反応なし。

電話してクレームを入れようと思ったのですが面倒でやめました。

 

「新品だ! すげーお得な気分!」

 

と思っていたのが台なしです。

仲間内で「新品でこんなに安く買えたよ!」と自慢げに呟いたのに、いい面の皮ですよ。

ドスパラの店員は適当すぎるなぁ……私の中で信用度落ちたわ、あの店。



 

まあ、とにかく組み込んでみました。

ちなみに改善理由は、もちろんFF14の為です。

 

CPU:C2D 3.0GHz

RAM:4GB(DDR2)

HDD:500GB×2(RAID0)

OS:Windows 7 64bit

Graphic:GF8800GTS512

FF14ベンチ:High:1492/Low:2777

 

このスペックでFF11ベンチ3だとHigh1万弱ですが、FF14ベンチだとこんなものでした。

そこで今回購入したグラボに買えてみると……

 

FF14ベンチ:High:3049/Low:3073

 

となりました。

目を見張るのは、やはりHighの数字。だいたい倍以上の速度になっています。これは金を出しただけあります。

それに対して、Lowの上がりはしょぼい。2万円以上出してこの数字だとしたら泣けます。

ちなみに、HD5870をオーバークロックしても、High/Lowともにほとんど数字が変わりません。

ほぼ頭打ち。つまり、他の部分で足を引っぱっているということでしょう。

C2D 3.0GHzという足かせがあった場合、8800GTSはLowならばCPUの限界近くの性能は出ていたけど、Highで遊ぶには明らかに力不足だったのでしょう。

それに対して、HD5870はHigh/LowともにCPU等に足を引っぱられていてこれ以上は延びないということのようです。

ちなみにFF14ベンチは4コアまで使うらしいので、C2Qだともう少し速度が出たのかもしれませんね。

 

ともかく、あとはCPUを早くしたり、SSDでロードスピードをあげたり、DDR2をDDR3にしたり……というような話になります。CPUを交換となれば、マザーから総交換になってしまいます。

それはしばらくやりたくないのでしばらくこのままですが、このグラボならHigh:5000以上も夢ではないのでちょっともったいないかもしれません。

 

ただ、このグラボにしたおかげで、1,400×900でかなり品質を上げてプレイしてもGF8800GTSのLowで品質を落としていた時よりも快適に遊べるようになりました。

ウィンドウを大きくできたので、チャットウィンドウなども幅を大きくして見ることができたのでログを読みやすくなりました。

確実に前よりは改善したので、それなりの意味はあったようですね。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ