2009年5月18日月曜日

衝動的に、ONE PIECEを41巻から53巻まで買ってみた

というわけで、今度はワンピースを買ってみました。

これも途中まで妹が買っていたので途中まで読んでいたのですが、最近は読んでいませんでした。

というわけで「またかよ!」と言われそうですが、41巻から最新刊まで購入です(笑)。



 

最近、「ワンパターンでだれた」という話も聞きますが、読んでみるとやっぱりおもしろいことはおもしろい。

掲載当初から、いろいろな世界観を出すアイデア、シリアスとギャグのノリ、そして伏線がしっかりとある熱い物語の構成力……それらには、目を見張るものがありました。

ちょっと目頭が熱くなってしまう漫画は、久々です。

 

とにかく伏線と設定がしっかりしているのがすばらしいですね。

あと見せ方がとにかく上手い。

大袈裟な感情表現などが、非常にしっくりと書かれています。

それから、常に冒険しているキャラクターデザイン&設定もすごい。

変なキャラクターを生みだし、独特の口調を作る労力は大変なものでしょう。

 

確かに途中の冒険でだれるところもありますが、ある意味で「戦いばかりではない」からという部分もあるような気がします。

同じことの繰り返しというほどでもないし、戦闘ばかりではなく、冒険としての話もあるのは大事なところ。

ジャンプ漫画ですが、できたらもっとさらに冒険の部分を表にだしてくれると嬉しいかもしれません……が、今から路線変更は無理でしょうなぁ(笑)。

 

とにもかくにも、独特のノリなど今までにはなかった一線を画する作品だと思っています。

ぜひ結末まで、作品自体も冒険するように続けていって欲しいと思っています。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ