2019年4月12日金曜日

「60周年記念 ドックドーム Pro.6」と「60周年記念 リビングシェル Pro.」をポチッた!~その3

前回の続きです。

テントはドッグドームにすることになりました。
もちろんこれで終わりにすれば良かったのですが、もうこの際だからスクリーンタープとしてシェルターも買ってしまおうかなと思ってしまったのです。
購入する候補は、これ「リビングシェル」という商品一択でした。


スノーピーク(snow peak) リビングシェルS TP-240
スノーピーク(snow peak) (2018-12-31)
売り上げランキング: 533,023



スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル ロング Pro TP-660 [6人用]
スノーピーク(snow peak) (2014-04-01)
売り上げランキング: 388,382


この商品は、1~2名用のSと、4人用のノーマルタイプ、さらに6人用のロングというのがあります。
ロングならばインナーテントを買うことで2ルームとして使うこともできますが、今回はテントと組み合わせるので4人用ということになります。
大は小を兼ねるといいますが、使いわけをすることを考えると大は小を兼ねません。

なお、リビングシェルを選んだ理由は4つあります。




①ドッグドームとオプションなしで合体できる。

②スノーピークに昔からある人気モデルで、いろいろと改善されて非常に立てやすいと有名なシェルターである。

③テントとまとめて買えば、一気にスノーピークカードのランクをプラチナまでもっていける。

④調べてみたら今なら両方とも60周年記念モデルの在庫があるので限定でそろえられる。


③については説明しておくと、スノーピークの会員カードにはランクがあるのですが、ブロンズから始まり、シルバー、ゴールドと買い物金額で上がっていきます。
このゴールドまでは、買い物金額の計算が年間単位で、その間に買い物しないとランクダウンが発生してしまいます。
ところが、ゴールドの上のプラチナからは、ランクアップのための買い物金額の計算が累積となり、ランクダウン制度から免除されるのです。
そのためゴールドまで行ったなら、一気にプラチナまであがった方が利点があります。
とは言え、スノーピークのポイントは買い物ができるわけではなく、ノベルティー商品との交換ができる程度です。
そのため、スノーピークにこだわらない人は無理をする必要はないと思われます。

なお、④の60周年記念モデルはこちらです。


スノーピーク(snow peak) テント 60周年記念 リビングシェル Pro. TP-635
スノーピーク(snow peak) (2018-06-30)
売り上げランキング: 93,330


これとドッグドームの60周年記念モデルと組み合わせることで、限定コラボができるわけです。

ところで妙に限定にこだわっているように見えますが、限定が好きということのほかに、もうひとつ理由があります。
キャンプ場に行くとよくわかるのですが、さすがにスノーピークのテントは非常に多いのです。
そんな中、少しでも個性を出したいという悪あがきとも言えます。
まあ、見た目はほぼ変わらないわけですけど(笑)。

というわけで、この2点を買いたいと思ったわけですが、少しでも安く買うにはどうしたらいいかという問題が出てきます。
基本的にスノーピーク商品は、ほとんど値下げがありません。
スノピカードのポイントが手に入って安く買う手としては……

a) ビッグカメラやヨドバシでポイント換算を狙う。
b) WILD-1やスポーツオーソリティのセールを狙う。

……というのがあります。
うちは場所とタイミング的にWILD-1のセールとぶつかったので、WILD-1で購入しました。だが、よく調べてみるとスポーツオーソリティの割引を使うのが一番安かったようです。
またWILD-1は割引というよりポイント還元だったので、そのポイントで以下の商品を購入しました。


スノーピーク(snow peak) タープ リビングシェル シールドルーフ グレー TP-612SR-GY
スノーピーク(snow peak) (2012-03-12)
売り上げランキング: 54,594

スノーピーク(snow peak) ドックドーム Pro.6 シールドルーフ SD-506SR
スノーピーク(snow peak) (2013-12-25)
売り上げランキング: 292,290

スノーピーク(snow peak) ドックドーム Pro.6 グランドシート SD-506-1
スノーピーク(snow peak) (2014-04-01)
売り上げランキング: 217,656


シールドは、常に使うわけではありませんが、雨対策や結露、陽射しなどを考えると必須でしょう。
グランドシートは代替えもありましたが、形が形だったので専用の方が使いやすいかと購入。
本当はインナーマットも欲しかったところですが、これはあまりに高い。


スノーピーク(snow peak) テントシート ドックドーム Pro.6 インナーマット
スノーピーク(snow peak)
売り上げランキング: 287,004


そのため、自宅にあった他のマットで代用することにしました。


コールマン(Coleman) テントインナーシート 270 約265×265cm 2000023123
コールマン(Coleman)
売り上げランキング: 6,057


少し小さいので使い勝手が悪いかもしれません。もうワンサイズ大きい300タイプだったらよかったのかもしれません。またコーナーがどうなることやら。
使い勝手が悪いようでしたら、純正インナーマットも考えなければならないかもしれません。
安いところでしたら、この辺りは良さそうです。


コールマン(Coleman) フリーステントインナーセット 300 2000033806
コールマン(Coleman)
売り上げランキング: 32,307


結局はコーナーを折って使って、どれだけ使いやすいかですね。
フリース地なので、特に冬は温かそうです。

なお、本当は近々、このブログを書いている翌日に試し張りをするためにキャンプに行く予定でしたが、子供の体調がすぐれず中止に。
早く試してみたいところです。


蛇足
これだけそろえると、タープもそろえたくなりますね。
ああ、やばいやばい(笑)


スノーピーク(snow peak) タープ 60周年記念 ヘキサ エヴォ Pro. TP-265
スノーピーク(snow peak) (2018-06-30)
売り上げランキング: 135,585

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ