2019年1月23日水曜日

ソロ×ソロいっしょに、キャンピングデイズ!~はあとフルデイズ/「テントの種類ってなにがあるの?(二)」の資料



●小説本文
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887350205


■ツールームテント
ぶっちゃけかなりいろいろな種類がありますが、いくつかピックアップしておきます。


●コールマン ランドスクリーン2ルームハウス
2ルームテントのまずはわかりやすい形から。
まさにテントとスクリーンタープがくっついているようなデザインです。

コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 170T14150J
コールマン(Coleman) (2012-03-26)
売り上げランキング: 59,320


●コールマン トンネルツールームハウス/LDX
こちらは少しリビングに当たるスクリーンタープ部分が広いタイプです。
最近はこのようなトンネルスタイルが流行です。



●スノーピーク エントリーパックTT
天下のスノーピークのエントリーモデルです。
スノーピーク製品としては破格の安さですが、スカートがないので冬には向いていないかもしれません。
ただコンパクトな2ルームなので扱いやすいと思います。

スノーピーク(snow peak) テント ヴォールト SDE-080
スノーピーク(snow peak) (2018-04-14)
売り上げランキング: 34,140

タープ付きモデルもあり、タープをつけるとかなり広い空間が確保できます。

スノーピーク(snow peak) テント&タープ エントリーパック TT SET-250
スノーピーク(snow peak) (2018-03-31)
売り上げランキング: 34,140


●DOD カマボコテント2
もっとトンネル形をしたこのようなモデルもあります。



●DOD ワンタッチビッグダディ
https://www.dod.camp/product/t5_527/

私が買った2ルームテントで、巨大ながらワンタッチで立てられるというのが売りになっています。
が、正直なところ一般にはお薦めしません。
設置も収納もでかすぎて、扱いが難しいです。
また、ワンタッチで立ちあがっても他にもやることはあるので、そこまで簡単なイメージはありません。




■合体システム!
合体システムは、そこまで種類がありません。
廃盤になっている物もあります。


●スノーピーク メッシュシェルタートンネル
よくあるのは、このようなジョイントパーツ型のアイテムを買ってつなげる方法です。

スノーピーク(snow peak) タープ メッシュシェルタートンネル TP-920T
スノーピーク(snow peak) (2012-03-12)
売り上げランキング: 103,426


●ロゴス デカゴン
こちらが最高に楽しい合体システム……なんだけど、すでに廃盤。
これがあれば、5LDKだって作れちゃう!
このページに写真が載っていたので紹介しておきます。
まあ、仲間内で同じシリーズを集めなくてはならないという難しい商品でしたが、すごく楽しいので復活して欲しいなぁ。


■ポップアップ式テント
基本的に日よけや休憩用に使われるテントです。
広げるだけで立ちあがり、しまうのも簡単。
収納時の直径はでかくなりますが厚みが薄くてかるいのも特徴。


一応、ロゴスのなら寝られることは寝られるけど夏向けですかね。




0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ