2018年10月25日木曜日

Glafitのバッテリーをポチった!

更新をサボっていましたが、また少し更新します。

Glafitという電動バイクをクラウドファンディングで投資して買いました。
これ、見た目は自転車ですが、中身はバイクです。
電動アシスト自転車との違いは、漕がなくても走るというところです。

https://glafit.com/product/glafit-bike/

詳しくは、上のサイトを見てく欲しいのですが、今回の話題はバッテリーです。
先ほど言ったとおり、アクセルを開けるだけでペダルを漕がなくても走るのですが、その距離は速度30km/h弱で、20km程度。
ぶっちゃけ、本当に近所に買い物に行くぐらいしか使えません。

そこで必要になるのは、予備バッテリー。
しかし高いんですよ、これ。

https://ec.glafit.com/items/10180547

クラウドファンディングの段階で予備バッテリーを買っておけば、3万円を切ることができたのですが、今は38,880円。
いやいや、ちょっとそれはどうなのという値段です。
まあ、仕方ないと言えば仕方ないのですが、ちょっとアホらしく感じてしまいます。
やはりせめて3万程度で納めたいところ。

でもねー……Glafitはクラウドファンディングでぇー開発されたオリジナルなんですわー……純正しかないんですわー……って、待てよ待てよ待てよ?

Glafitは、実は完全オリジナルというわけではなかったな。





確かコイツの改造じゃなかったかな?
36V版のバッテリーを見比べると……あら、そっくり(笑)




容量は違うけど、サイズも鍵の位置も全て一緒です。
容量はわずかに多いですが、まあぶっちゃけ誤差でしょう。
使っている電池は、確かGlafit純正はパナ製だったかな?
これがどこのを使っているのか不明ですが、もしかしたら基本性能は低いかもしれません。

値段は31,000円(60日前には36,000円でしたが下がったようです)。
希望額より少し高いですが、純正よりは8,000円も安くなります。
まあケースはついていませんが、そこは適当なのでいいでしょう。

でも、わざと微妙に変えてあって使えなかったら、この金額で人柱になるのはかなりの勇気が必要ですね。
だからなのか、これを買って試した報告は見当たりませんでした。

……まあ、ダメなら勉強代と考えて、安く売り払うか!www

というわけで、人柱に挑戦しました。





現物を並べてみても同じ。
鍵のメーカーまで一緒。
物理的には問題なし。

で、さっそく結論なのですが……普通に走りました!

ほんの少ししか乗っていませんが、問題なくスピードも出るようです。
ただし、これはメーカー保証外です。
使っても自己責任になります。
先ほども書いたとおり、品質に関してもわかりません。
チャレンジする人は覚悟してやってくださいね。

ところで。
これからしばらく、Glafitのカスタム話を更新していく予定です。
まあ、あくまで予定なので更新されなかったらあきらめて(笑)。

0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ