2010年5月27日木曜日

Realforce 91UDK-Gを購入~キーボードマニアじゃないよ

思えば、日本語を本格的にPCで打ち始めたのは、FM-77AV40EXでした。


その後、FM-TOWNSに移るわけですが、その頃にはすっかり富士通配置になれていました。


特にスペースキーの下に変換と無変換キーがある配置が、マイスタンダード。


その後、書き物環境は、PC-9801系のVzに移動。しかし、どうしても98のキーボードになじめず、伝説の名作キーボードである「アスキーボード」に走りました。


これがまた高いキーボードでしたが、使い勝手はすばらしい。


シフターではありませんでしたが、かな入力派にとってもアスキーボードは名機でした。


たぶん、このぐらいから、私のキーボードへのこだわりが始まったと言えるでしょう。



 


というわけで、富士通のキーボード、アスキーボードときて、MSのナチュラルキーボード、その他のキーボードもいろいろと使ってきましたが、途中からWirelessに走ります。


Wirelessもオリジナル規格のものから、Bluetoothのものなどいろいろ買いました。


割合長く使ったのは、EEEでしょうか。キーの配置もよく、キータッチも悪くはなく、パームレストも使いやすく、機能も豊富でバランスのいいキーボードでした。


同じぐらいこだわるマウスも、セットの物が非常に使いやすく愛用していました。


その後、FELICOの黒軸に出逢って気に入り、ついでに茶軸も買って会社と自宅でFELICOを使っていました。


ただ、FELICOのキーボードにも、どうしても気に入らないところがありました。


まず、変換と無変換キーの位置。スペースが長すぎて、変換キーと無変換キーの位置が親指のホームポジションから遠いのです。


また、無変換キーが小さい。


一般の方、特にローマ字入力の方は、変換と無変換キーをあまり使わない方が多いようですが、富士通のOASYS系キーボードから入った私は、両方のキーを頻繁に使用します。スペースキーと変換キーの動作も完全に分けています。


その為、この使い勝手が今ひとつなのです。


それから、バックスペースキーとInsertやDeleteキーの間が狭いことも気になります。


たまに、バックスペースキーやエンターキーを押したときに、InsertやDeleteキーに当たってしまうのです。


省スペースキーボードとして考えるとよいのですが、どうしても気になりました。


 


今回、執筆活動環境を再整備するにあたり、ついでなのでキーボードも変更することにしました。


今まで手を出さなかった、高級キーボードの代表格であるRealForceです。


RealForceに手を出さなかったのは、いろいろと理由があります。


一番の理由は、欲しかった時に購入条件として「Wireless」というのがあったためでした。


RealForceにはWirelessモデルがないんですよね......。


今でも本当はWirelessの方がスッキリしてよいのですが、今回はその条件を無視してRealForceにしてみました。


 


東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)


 


改めて見ると、RealForceシリーズってけっこう種類が出ていますね。


好みとしては、テンキー付きがよかったのですが、いろいろ悩んだあげく91UBKシリーズというのにすることにしました。


理由は、キー入れ替えの特殊機能がついているためです。


テンキーは別売で買っても良いわけですしね。


 


ところで。


その91UBKシリーズって実は一番種類があるモデルです。


東プレが作っているのですが、3つの販売店でそれぞれ仕様違いのモデルが存在するのです。


 


●RTCKB91UBK(DHARMA TACTICAL KEYBOARD 【DRTCKB91UBK】 | DHARMA POINT)


サンワサプライの販売モデル。見た目だと、キー刻印がブラウン(オレンジ?)っぽいのが特徴。


完全にゲームを意識したモデルで、キータッチが30g均一と軽い設定。


CTRL/CapsLockとESC/半角全角キーの入れ替えがディップスイッチで可能。


物理的なWINキーのロック部品が付属。


 


●Realforce91UDK-G(ダイヤテック・製品情報)


ダイヤテックの販売モデル。見た目だと、キー刻印が黒になっているため、ぼんやりとしか見えない。シリーズ中、もっとも渋い。


ゲームを意識していてW/A/S/Dのキーを青いキーに入れ替えることができる。メーカーサイトで購入すると、限定で赤いESCキーがもらえるサービスもある(もうほぼ終わっています)。同じデザインのテンキーも売っていて、こちらも限定で赤いESCキーがもらえる。


重さはRealForceとしてては平均的な45gを採用。


CTRL/CapsLockとESC/半角全角キーの入れ替えがディップスイッチで可能。さらに、WINキーとアプリケーションキーもディップスイッチで無効にできる。


キーがすべて黄色の派手なモデルも存在する。


 


●Realforce91U ATOK(Just MyShop - ジャストシステム直営ECサイト -)


ジャストシステムの販売モデル。見た目だと、ESCキーとPrintScreen等の3つのキーが赤い。また、赤い「JUST System」の文字も目立つ。刻印は、サンワモデルと一緒。


他のモデルと違ってゲームではなく、ATOKに特化した特殊機能がある。PrintScreen/ScrollLock/Pouseキーが、単語登録/お気に入り文書/ATOKメニューに割り当てできる。


また、CTRL/CapsLockのみ入れ替えがディップスイッチで可能。


重さはRealForceとしてては平均的な45gを採用。


黒ボディだけではなく、白ボディも存在する。


 


私の希望としては、45gか50gだったので、選択肢としてサンワはなくなります。


ATOKを使っているのですが、ぶっちゃけ単語登録/お気に入り文書/ATOKメニューのキーができても、それほど頻繁に使うとは思えません。


それよりは、昔のようにESC/半角全角キーの入れ替えがあった方が有効かもしれません。


 


ということで、私はダイヤテックモデルを購入することにしました。


キーの配置は、なかなかよい感じです。


スペースキーが小さく、変換と無変換キーが押しやすくなっています。


ちょっと私にはキーが少し軽すぎるかもしれません。


一応、店頭でいろいろ打ち比べてみたのですが、55gのモデルを買っても良かったかも。


そのせいかキータッチは、重い黒軸のが好きです。


しかし、しばらく打ってみた感じだと、確かにこちらの方が疲れないかもしれません。


キーの入れ替えを行い、これで昔の感覚で打てる!......と思ったのですが、すでに新しい感覚が身についていて、逆に入れ替えたキーが打ちにくいハメに(笑)。


でも、入れ替えた方が効率が良いんですよね......。


でも、入れ替えると汎用性がなくなって会社で困るんですよね......。


でもでも......まあ、しばらく悩むことにしてみます。


 


どちらにしても、しばらくはこのキーボードが私の相棒となりそうです。


さて。テンキーはどうしたものかなぁ......。


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ