2010年5月20日木曜日

「アクセル・ワールド」2巻~4巻レビュー

最近、記事を書かなかったために、レビューがたまり気味の概夢です。


とりあえず、少しずつ消化したいと思います。



 

まず、通してですが、安定しておもしろいと言えると思います。

なんというか飛び抜けておもしろいという感じはないのですが、ノリも文も安心して読める感じです。

3巻の最後で気になる展開が舞っているので、3巻と4巻は続けて読むべきでしょう。

 

ただ、なんだか少しだけ違和感が出てきました。

なんだか、物語を進めるために世界が用意されている......というのが、少し目に尽きやすくなってきた気がします。

それは用意されている世界に読んでいるこっちのイメージがついて行けなくなっているのかもしれません。

だから、私個人の感覚がもたらす違和感のような気もします。

でも、同じようなことを感じる人がいたら、もしかしたら読者側にこの話の世界がまだ伝わりきっていないのかもしれません。

別にレビューを書くつもりですが、同作者の作品である「ソードアート・オンライン」にはそれがないというのが対照的でした。

 

ともかく、1巻を楽しく読めた人は、4巻まで楽しく通して読むことができるでしょう。

真なる敵みたいなのも出てきましたし、これからの展開も楽しみです。

 


0 件のコメント :

コメントを投稿

楽天市場:おすすめ